住宅 ー新築ー  和とモダンの融合 -免震工法-

最大限に地震対策を施した専用住宅

免震工法の上屋部分は、地震に強い2×4工法3階建。最大限に地震対策を施した専用住宅です。免震工法を採用したので地震時の建物の変位が少なくなる為、自由且つ大胆なデザインを取り入れる事ができました。


北側外観。
モダンなスクエアーな外形を和のテイストを感じるカラーで包みました。
正面の真っ白な漆喰調の壁が全体を引き締めています。

北側外観。 モダンなスクエアーな外形を和のテイストを感じるカラーで包みました。 正面の真っ白な漆喰調の壁が全体を引き締めています。

北側外観を駐車場側から観る。
建物と一体になった塀の格子戸を開けると、その奥に玄関が有ります。サイドの木戸は通用口です。
丸窓は、飾り窓をイメージし、和をモダンにアレンジしました。
全体を土壁の色でまとめ、一部に抹茶色をアクセントに配し、真っ白な漆喰調の壁が和を強調しています。

北側外観を駐車場側から観る。 建物と一体になった塀の格子戸を開けると、その奥に玄関が有ります。サイドの木戸は通用口です。 丸窓は、飾り窓をイメージし、和をモダンにアレンジしました。 全体を土壁の色でまとめ、一部に抹茶色をアクセントに配し、真っ白な漆喰調の壁が和を強調しています。

玄関ホール。
玄関ホールの先にはパティオ及び中庭が見え、ホールに広がり感を与えています。
下駄箱上の丸窓が印象的です。

玄関ホール。 玄関ホールの先にはパティオ及び中庭が見え、ホールに広がり感を与えています。 下駄箱上の丸窓が印象的です。

玄関ホール。
階段を上がると生活の中心、リビングへと繋がります。
中庭を望む大きな窓に簾調のロールブラインドをあしらい、和を醸し出しています。

玄関ホール。 階段を上がると生活の中心、リビングへと繋がります。 中庭を望む大きな窓に簾調のロールブラインドをあしらい、和を醸し出しています。

1階和室
客間としての和室。
床の間の背中は、磨りガラスに淡いピンクの障子をあしらいました。床板は、やはり磨りガラスとし、内部に照明を埋め込みモダンな床の間を構成しました。

1階和室 客間としての和室。 床の間の背中は、磨りガラスに淡いピンクの障子をあしらいました。床板は、やはり磨りガラスとし、内部に照明を埋め込みモダンな床の間を構成しました。

2階リビング。
2階、3階吹き抜けのリビング。南側に住宅が迫っているにもかかわらず、光が燦々と降り注ぎます。吹き抜け上部には、電動で開く欄間が有り、夏は、南から入った風が上部へ通り抜ける様にしました。
奥に見える部屋は茶の間です。

2階リビング。 2階、3階吹き抜けのリビング。南側に住宅が迫っているにもかかわらず、光が燦々と降り注ぎます。吹き抜け上部には、電動で開く欄間が有り、夏は、南から入った風が上部へ通り抜ける様にしました。 奥に見える部屋は茶の間です。

リビングに隣接する茶の間
畳は縁無し畳とし、素朴な雰囲気を造りました。飾り床の壁は大きな磨りガラスのフィックス窓。ここにも和風モダンが醸し出されています。
リビングとの境は、障子で仕切ることもできます。

リビングに隣接する茶の間 畳は縁無し畳とし、素朴な雰囲気を造りました。飾り床の壁は大きな磨りガラスのフィックス窓。ここにも和風モダンが醸し出されています。 リビングとの境は、障子で仕切ることもできます。

茶の間よりリビング・ダイニングを観る。
リビングを中心にダイニングと茶の間を一体空間としてまとめました。
ダイニングは通常の天上高とし、落ち着いてお食事が楽しめます。
茶の間の障子は、全て引き込み式で3室を一体に使うことができます。
茶の間の外側には、広いウッドデッキが有り、2階で園芸や屋外でのティータイムを楽しめます。

茶の間よりリビング・ダイニングを観る。 リビングを中心にダイニングと茶の間を一体空間としてまとめました。 ダイニングは通常の天上高とし、落ち着いてお食事が楽しめます。 茶の間の障子は、全て引き込み式で3室を一体に使うことができます。 茶の間の外側には、広いウッドデッキが有り、2階で園芸や屋外でのティータイムを楽しめます。

当該建物の基礎配筋。
あたかも鉄筋コンクリートの建物が建つかの様な基礎配筋です。
耐圧盤でしっかり、建物を支え、60㎝の高さの鉄筋コンクリートの柱脚の上に免震装置が乗ります。この60㎝の空間が、点検用空間になります。

当該建物の基礎配筋。 あたかも鉄筋コンクリートの建物が建つかの様な基礎配筋です。 耐圧盤でしっかり、建物を支え、60㎝の高さの鉄筋コンクリートの柱脚の上に免震装置が乗ります。この60㎝の空間が、点検用空間になります。

当該建物の免震装置。
鉄筋コンクリートの柱脚の上に免震装置を設置します。竣工までは、建物が容易に動かないように固定ボルトで固定していますが、竣工時に外して、フリーにします。
柱脚の上部10㎝程度を無収縮のコンクリートにして、髪1本の精度で水平を保ちます。

当該建物の免震装置。 鉄筋コンクリートの柱脚の上に免震装置を設置します。竣工までは、建物が容易に動かないように固定ボルトで固定していますが、竣工時に外して、フリーにします。 柱脚の上部10㎝程度を無収縮のコンクリートにして、髪1本の精度で水平を保ちます。